交通事故 慰謝料 計算方法

Sponsord Link


交通事故の慰謝料の計算方法はどのように?

思いがけず交通事故になった際、知っておきたいのが交通事故の医療費の計算方法です。
交通事故の慰謝料は被害者の方がある程度決めることができますか、現在はある程度、定額化されています。
被害者側が多額の慰謝料を求めても、加害者が莫大な慰謝料を払えず、その要求を通さないというのが一般的だからです。
そうなってきますと話し合いは遅々として進まないので、現在は慰謝料が定額化されたのです。

 

慰謝料の算出方法、特に自賠責保険の計算基準は法廷で既に決まっていますので、今回はこの計算基準に則った方法を調べていきます。
ちなみに自賠責保険の計算基準以外にも、任意保険の基準や裁判基準というのが別にあります。
一番賠償額が大きくなるのが弁護士が絡むことになる裁判基準です。

 

自賠責保険の算出方法は、前述したとおり法廷で既に決まっています。
損害賠償料は1日4200円と定められております。
基準となるのが治療期間と実治療期間です。
治療期間は、治療開始日から治療終了日めでの日数のことをさします。
実治療日数は、実際に治療として病院へ行った日数のことをさします。
「治療期間」、「実治療期間×2」を比較し少ない方を通院期間にします。
そして少ない日数の方に4200円を掛けていきます。
最高で120万が限度となります。

 

交通事故の慰謝料、自賠責保険以外の計算方法

自賠責保険以外の計算方法は、任意保険の支払い基準は原則的に非公開です。
しかしながら、示談次第では増額することが出来ます。

 

裁判基準は弁護士が絡みますので、慰謝料をもらうためにはそれなりの根拠が必要になってきます。
弁護士を雇うにはそれなりの金額が必要になってきます。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら