交通事故 慰謝料 通院費

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、通院費について

交通事故に遭った際、病院へ通院するための費用は、つまり通院費は基本的に実費で支払われます。
これは、自賠責基準、任意保険基準、裁判・弁護士基準すべて同じです。
通院費は慰謝料とは別に支払われます。
通院費を多く掛けすぎてしまったから、その分慰謝料が減るのではないか、また慰謝料を多くもらいすぎたから通院費は減額しなければいけなくなるのではと考える方もいるようですが原則そんなことにはなりません。
違和感がある場合は、相手に遠慮をすることなくきちんと診察へ行くようにしましょう。

 

交通事故の慰謝料、通院費として認められるのは

通院費として認められるのは、バスや電車などの公共交通機関を利用した際の料金です。
公共交通機関は領収書が出ませんので、乗った日付と乗った区間をきちんとメモをしておくことが重要です。
また、公共交通機関を利用できない場合はタクシーや自家用車で通院しても、通院費として認められるケースがあります。
タクシーは領収書が出ますので、きちんととっておくようにしましょう。
自家用車は1キロあたり15円で通院費の計算をおこないます。

 

交通事故の慰謝料、通院費以外は

通院をする以外に、もし入院してしまったら治療費に入院費が反映されます。
こちらも慰謝料とは別に支払われますので、入院費が高くなったから、慰謝料がその分減るということではありません。

 

また入院中に雑誌を購入したり、テレビを見たり、ティッシュペーパーを購入したりと様々な雑損があると思います。
この雑費をいちいちメモに残すのは非情に煩わしい作業のため、裁判上では1日1,400円から1,600円と定額化した入院雑費というものがあります。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら