交通事故 慰謝料 保険会社

Sponsord Link


交通事故と慰謝料、保険会社について

保険が会社は交通事故の専門家です。
そのため示談交渉は、保険会社に任せた方が一見するといいように見えますが、保険会社は会社の利益を守らなければいけませんので、支払う賠償金の金額を下げることに力を入れるのです。
つまり、何も知らない状態で保険会社の言うとおりに示談をしてしまいますと損をする可能性だってあるということです。

 

例えば、ムチウチをはじめとする後遺障害を認めてもらえない場合があります。

 

後遺障害は、被害者が自己の体の症状を主観的に決められるわけではなく、損害保険料率算出機構という調査事務所に認定申請をしなければいけません。
その調査事務所が、後遺障害が実際にあるかどうか、また、その等級の査定をして、認定するか否かで決定されるものです。
本当にムチウチなどで、苦しんでいたとしても申請どおりの等級を認められることがない可能性があるのです。

 

交通事故と慰謝料、保険会社の決めたことに納得がいかない場合

保険会社は実際には味方ではありません。
健康な時は落ち着いて考えられるのですが、事故の被害者になってしまいますと、保険会社のいいなりになってします可能性が非情に高くなります。
覚えておいておくべきことは、保険会社の提案には何度でも異議申立てができるということです。
交通事故の賠償問題の解決には、裁判所を利用することが最も確実な方法となります。
しかしながら、訴訟となると尻込みしてしまうという場合には、裁判所の調停、交通事故紛争処理センターでの調停も可能となってきます。

 

保険会社に任せっきりにするのではなく自分に不利になることが無いようにしておくのがとても重要となってきます。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら