交通事故 慰謝料 税金

Sponsord Link


交通事故の慰謝料の税金はどうなるのでしょうか?

交通事故の慰謝料や損害賠償金を受け取った場合、その収入は非課税となります。
これは心身に加えられた損害という理由の他、突発的な事故により、資産に加えられた損害であるという理由により非課税です。
事故の損害賠償金や慰謝料は精神的苦痛に対する賠償金です、
ですから、賠償金や慰謝料の給付により、被害者が利益を得るものではありません。
あくまで損害賠償、損害の穴埋めにすぎないものです。
受け取った慰謝料や損害倍所については非課税です。
そのため確定申告時に申告義務もありません。

 

また休業補償の名目で受け取ったものも非課税です。
収入の代わりに受け取ったものですが、働いて得た収入ではありませんので非課税となります。

 

交通事故で不幸にも亡くなってしまった場合は、遺族に損害賠償金を支払います。
この損害賠償金には、所得税もかかりませんし相続税も無料となります。
損害賠償金には、慰謝料や逸失利益の補償金などが含まれています。
逸失利益の補償金とは、その人が事故に遭い死なずに生きていれば得ることができるであろう所得の補償金のです。

 

交通事故の慰謝料で、税金がかかるケース

人身事故ではなく物損事故を起こした際は注意が必要となってきます。
それはそのような時かといいますと、事故によって損害を受けた車両の修理代などは非課税となり税金がかかりません。
しかし、例えばその車両が会社で使っている事業用の車両の場合でしかも商品の配送中であった場合ならば、商品の損害賠償金には税金がかかる場合があります。
また、車が突っ込んできてお店などの店舗が損害を受けたとします。
その場合、仮店舗を賃貸するための賠償金には税金がかかる場合があります。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link