交通事故 慰謝料 むちうち

Sponsord Link


交通事故でむちうち慰謝料の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

まず慰謝料とは、被害者の方が事故によって被った精神的苦痛や、後遺障害が残ってしまったことで悩み続けなければいけない精神的苦痛に対して、事故がなかった時の気持ちとの差として、金銭で評価するのが慰謝料であります。
それが、一般的にとらえられているのが慰謝料です。

 

例えばむちうちになり、病院へ通うことを余儀なくされた場合、自賠責基準で慰謝料を計算しますと、1日一律で4,200円が相場となってきます。
これはむちうちだけでなく骨折をした際も同じ計算になります。
「治療期間」と「実治療日数×2」を比較しまして、少ない方に4,200円を掛けて慰謝料を求めます。
自賠責の場合は最大で120万円まで慰謝料を請求することができます。
120万円を超えた場合は、任意保険基準、裁判・弁護士基準に切り替わりますので、120万円以上でも慰謝料の請求は可能です。

 

多くの保険会社は3ヶ月程度が経ちますと、そろそろ示談をしないかと言ってきますが、これに従う必要はありません。
後遺障害認定をされますと、さらに慰謝料がかかるので、認定をされない時期を見計らい保険会社は示談を勧めるのです。

 

交通事故の慰謝料、むちうちで後遺障害に認定されるとどうなるか?

交通事故でむちうちになりますと、後遺障害認定をされるケースが多々増えてきます。
交通事故に遭い、通院をはじめて6ヶ月が経過しますと後遺障害の認定を、主治医に頼めばおこなってくれます。
認定されますと14級9号でも慰謝料は3倍近く異なってきますので、ムチウチが治らず違和感がある人は、相手に気兼ねをすることなく認定された方が、得になってきます。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link