交通事故 慰謝料 シュミレーション

Sponsord Link


交通事故の慰謝料は健康な時にシュミレーションをしておきましょう

交通事故に遭わないと断言することはできません。
そのため、健康なうちに交通事故に遭ったらどうするかということを考えておかねばならないのです。
それは何故かといいますと、交通事故に遭ってしまいますとどのような人であっても動揺をしてしまい、保険会社のいいなりになってしまい、保険会社の有利な条件で示談をしてしまう可能性が否定できないからです。
保険会社は交通事故被害者の味方、というイメージがありますが、彼らは会社の利益を第一に考えているのです。
知識がまったくありませんと、知らず知らずのうちに不利な条件で示談が成立ということもざらにあるのです。

 

ではまず、自賠責保険でシュミレーションをしていきましょう。
自賠責保険は最大で120万円まで慰謝料、治療費、交通費、休業補償を請求することができます。
120万円を超えたら、自賠責保険ではなく任意保険基準に切り替わります。
「治療期間」と「実治療日数×2」を比較して少ない方に4,200円を掛けて出た数が慰謝料の合計となります。
自賠責の場合、1日一律4,200円が慰謝料となるのです。
この他に、治療費と病院へ通院した時にかかる交通費の実費分が支払われます。

 

自賠責保険を超えた場合の基準は赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)青本(交通事故損害額算定基準)を参考に計算をしましょう。

 

交通事故の慰謝料シュミレーション、休業補償について

休業補償は過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となり、計算することができます。
事故前3ヶ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷ 90日 × 認定休業日数です。
主婦の場合は、1日あたり5,700円を限度に支払われます。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら