交通事故 慰謝料 示談

Sponsord Link


交通事故の慰謝料の示談をする際の心構え

交通事故に遭った際、冷静に対応をするのが難しくなりますが、冷静に対応をしなければ損をする可能性があります。
保険会社の多くは良心的であると信じたいのですが、中にはモラルが欠けた担当者というのがいます。
彼らは会社の利益を第一に追求しますので、不利な条件で示談を結ばせようと画策をします。
そのような際、怒りに任せわめいたところで不利になるだけで一文も得をしないということを覚えておいてください。

 

例えばムチウチをした際に、3ヶ月間も通院したのだから、そろそろ示談をしてはどうか進言する保険会社があるそうです。
ムチウチの通院する期間は3ヶ月が相場であるということもあるそうです。
3ヶ月というのに決まりはなく、そこで示談をしてしまいますとそれ以降の治療費はでません。
後遺障害がでても、示談を結んでしますと後遺障害慰謝料を求めることもできなくなるのです。
後遺障害認定書は6ヶ月間以上、病院に通いませんと発行されません。
異常がないという時以外は示談をするのを引き延ばした方が良いでしょう。

 

交通事故と慰謝料、示談をする時は?

示談をする時は、体の違和感がすべてなくなった時におこないましょう。
いつまでに示談をしなければいけないという決まりはありませんし、急いで示談をする必要もあまりありません。
示談をする為にはきちんとした知識をもち、不利のない内容にしましょう。

 

そして、保険会社のいいなりにならないようにしましょう。
ゴネれば慰謝料を多くもらえるのでゴネろということではありません。
そこは間違えないようにしてください。
相手が自分にとって不利な提案を進言してきた時は、きちんとした対処をしろということです。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link