交通事故 慰謝料 同乗者

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、同乗者には支払われるのか?

同乗者として交通事故に遭った方に慰謝料が支払われるのか考えていきましょう。
怪我をした場合は、搭乗者傷害保険に申請をすれば、慰謝料は支払われます。
搭乗者傷害保険は車に乗っていて怪我をした人に対してでる保険となります。
交通事故に遭ったことで怪我をしたり、死亡をしたりしたことに対して入院+通院は日額計算で定額がすぐに振り込まれるのが搭乗者傷害保険です。
相手からの慰謝料とは関係なく保険金が支払われます。
なので、この搭乗者傷害保険は、保険会社はあまり払いたくないので、聞かれるまでは黙っているという傾向があります。
ただ違法な乗り方をしている場合には、搭乗者傷害保険は支払いの対象外となりますので気をつけてください。
違法な乗り方とは暴走族のような乗り方や、トラックの荷台に乗るといったような乗り方です。
また飲酒運転をしている時にも搭乗者傷害保険は支払われません。

 

交通事故の慰謝料と補償、同乗者について

慰謝料は自賠責の場合ある程度は支払われるようです。

 

また、自賠責保険の場合は、同乗者がドライバーとの関係が薄い友人であっても、配偶者や子供であっても、補償の適用外になるということはありません。
一方で、任意保険の場合ですと同乗者とドライバーの関係によって、保険が適用されるかどうかは異なってくるようです。
例えば親や子供、配偶者の場合は、免責事由に該当するので「対人賠償責任保険」は支払われることがありません。
「人身傷害補償特約」のみ適用される可能性があります。
兄弟、恋人、友人の場合は「対人賠償責任保険」と「人身傷害補償特約」の両方とも適用される可能性があります。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link