交通事故 慰謝料 後遺障害

Sponsord Link


交通事故の慰謝料と後遺障害について

交通事故の慰謝料とは、事故に遭った被害者が事故によって被ってしまった精神的苦痛や後遺障害が残っていしまったことによって被り続けなければいけない精神的苦痛を、事故が起きなかった時の気持ちとの差を金銭で評価するものです。

 

そして、後遺障害は交通事故に遭ったことによって負ってしまった怪我の症状固定(リハビリを含まず、治療が終わった状態)に至ったとしても完全には治癒することなく痛みや神経症状、骨の変形癒合、精神障害や間接の可動域制限などの後遺症が残った場合に払われるものです。
体の不完全性が後遺症害として評価された場合、その怪我を負ったことに対する慰謝料とは別に後遺症害慰謝料という形で支払われます。

 

交通事故の慰謝料として後遺障害慰謝料をもらうためには?

怪我を負い6ヶ月程度通院をしますと、後遺症害診断書というものを作成することができます。
この後遺症害診断書は、自分の主張する自覚症状を客観的に証明するようなものです
まずは自覚症状がきちんと書かれていることが重要になってきます。
それは何故かといいますと、記載されていない症状については事故の等級を決める自賠責損害算出機構が判定をすることができないからです。
そして自覚症状以外に事実的な裏付けである他覚症状を医学的な見地にたって医師が診断し、自覚症状に根拠を持たせ強くするのです。

 

後遺症害に認定されますと、例えば14級9号であっても慰謝料の額が3倍は異なってきます。
後遺症害は第1級から第14級まであります。

 

またファッションモデルの女性のような場合、後遺症害が一番下位の等級である14級に至らない場合でも、醜状障害を負った場合は、職業柄を考慮し、後遺障害を認めるといったようなことがあります。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link