交通事故 慰謝料 有給休暇

Sponsord Link


交通事故の慰謝料の休業補償、有給休暇をとった場合?

交通事故に遭い会社やアルバイトを休まなければいけない場合、休業補償というものが慰謝料の一部として支払ってもらうことができます。
この際、治療を受けるために会社を、有給休暇をとって会社を休んでも、休業補償は支払われます。
それは何故かといいますと、本当ならば自由な目的で使える有給休暇を、交通事故による怪我の治療のために使わなくてはいけないからです。
ただ、もともと交通事故と関係なく長期で仕事を休業中ならば、休業補償はつきませんので気をつけてください。
有給休暇中の場合ならば、休業補償の対象になります。
また、半日だけ病院へ行き半日分の有給を使ったさいなども休業補償の対象となります。

 

交通事故の慰謝料、有給休暇と休業補償の計算方法

まず、休業補償とは交通事故の被害者の方がケガをしたことにより,治癒あるいは症状固定までの期間,働くことができずに収入が減少することによる損害をいいます。

 

そして休業補償の計算の仕方はこのようになります。
会社に勤務している人は過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3ヶ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷ 90日 × 認定休業日数です。
認定休業日数は会社の総務課が発行してくらます。

 

次に、パート・アルバイトの方です。
日給 × 事故前3ヶ月間の就労日数 ÷ 90日 × 認定休業日数。
認定休業日数の証明書はアルバイト先が発行してくれます。
ちなみに主婦の場合は1日5,700円を限度に支払われます。

 

わからないことがありましたら、相手の保険屋さんと密に連絡を取り合い、どのようにすればいいのかを話し合いましょう。
休業補償は権利なので十分に行使しましょう。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら