交通事故 慰謝料 行政書士

Sponsord Link


交通事故の慰謝料と行政書士

行政書士は、事実証明に関する書類の作成や債務義務に係る交渉や調査などを職務として執り行うことができる街の法律屋さんです。
弁護士とは異なり、示談交渉や裁判の代理などはできませんが、事故の被害者本人が交渉をする際にはたいへん助けになります。
例えば、交渉をする際に必要になってきます事故に関する調査などをおこなった上で、損害賠償金の計算をおこなってくれます。

 

一般的なイメージから、交通事故といいますと弁護士を思い浮かべてしまいがちですが、行政書士の関わりも深いのです。
行政書士は弁護士に依頼するよりも安く、交渉の注意点のアドバイスもおこなってくれます。
本当に複雑の事故で被害者の理解がまったく及ばないという状態以外でしたら、交通事故に詳しい行政書士に頼んだ方が良いかもしれません。
ただ、弁護士よりも行政書士に業務が多岐にわたりますので、事務所によって交通事故は専門外という事務所もありますので気をつけてください。

 

交通事故の慰謝料と行政書士、弁護士の違いについて

弁護士の対応は被害者から委任を受けた場合に、相手側と示談交渉をします。
その際、不成立になってしまった場合は、裁判所に訴えることになります。
そのため、解決までに長期間と多額の費用を要することになります。
弁護士に依頼をするならば慰謝料が1千万円を超えるような高額請求に適しているといえます。

 

一方で行政書士の場合は、被害者から委任を受けた場合、示談書の案を起案し相手側に提出をします。
そして、相手側が納得をすれば弁護士に依頼するよりも短期間に解決させることができます。
解決までにあまり時間をかけたくない、またお金もさほどかけたくないという方、そして裁判までさせたくないと思う方には向いています。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら