交通事故 慰謝料 分割

Sponsord Link


交通事故の慰謝料を分割で払ってもらう際の注意点

基本的には示談金であったり慰謝料は一括で支払いを受けたり、支払ったりするのが理想的です。
慰謝料は、被害者が事故に遭わなかった時と事故に遭ってしまった現在との差を、金銭で評価するものですから、きちんと支払い遺恨をなくすのが重要なのです。
しかしながら、示談が成立した後にかかわらず不誠実な加害者はお金を途中で支払わなくなるということも多いのです。
そのため、本当にお金がなくて分割を申し出る時はなかなか首をたてに振られることは少なくなります。
ではどうすればいいのかといいますと、連帯保証人をつけることです。
他にも、不動産などの担保をつけることです。
不動産は移動することができませんので、これは確実な方法といっても過言ではありません。
さらに、頭金などの一回の支払額を大きくするというのも有用な手段ではないのでしょうか。
また、分割払いをする時には支払いが遅れたときのために遅延損害金を支払うといった旨の過怠約款条項を必ず入れておきましょう。
遅延損害金は年率5%と決まっています。

 

この過怠約款とは、示談によって決められた支払期日と支払額を加害者が守らない場合、遅れた日数分だけ損害金を課し、加害者の財産を差し押さえるなどの強制執行をする為の取り決めのことです。
過怠約款に基づいて強制執行をする場合は、示談書を公正証書にしておく必要があります。

 

交通事故の示談金や慰謝料を分割にしないためには?

自賠責保険だけに入って満足をしないということです。
お金が余分にかかるからといって、任意保険への加入をしぶりますと、自賠責保険を超えた場合、自腹でお金を払わなくなってしますのです。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link