交通事故 慰謝料 打ち切り

Sponsord Link


交通事故の慰謝料と治療の打ち切りについて

交通事故に遭い、病院へ3ヶ月間程度通院している方に保険会社からそろそろ治療の打ち切りをしたらどうだという、お伺いの電話がかかってくることがあります。
この段階で体に痛みがなく、医師の診断で問題がない方は、ここで治療の打ち切りを考えてもいいのですが、体に問題があり、医師が問題ないと言っていない方は、慌てて治療を打ち切る必要はないのです。
3ヶ月というのは、あくまで保険会社の目安であり、治療の打ち切りを決めるのは医者なのです。

 

医師が治療の打ち切りを決める条件は完治した時もしくは症状固定になった時です。
この症状固定という状態の定義は傷病の症状の、回復・改善が期待できなくなった状態を言います。

 

打ち切りの宣言を撤回してもらうためには、リハビリ治療を続けると傷病の改善が期待できると担当医に判断してもらえればいいのです。

 

交通事故の慰謝料と治療の打ち切りを保険会社が言ってきたら

保険会社は3ヶ月を過ぎると治療費の支払いを打ち切ると言ってきます。
ムチウチなどはレントゲン、CT等の検査では異常所見が現れず、あくまで本人の訴えでしか判断できないため、保険会社は長期間病院へ通院するのはあまり面白くないので、3ヶ月を過ぎると症状固定ではないかと言ってきます。
医師と相談し、治療の必要性があるならば、3ヶ月で治療を打ち切る必要はありません。
打ち切りを決めるのは医師であり保険会社ではないのです。
ただ、治療を続けても痛みが変わらないのであれば、6ヶ月ほどの症状固定を認め、その後の痛みについては後遺症ということで争うほうがいいかも知れません。
後遺症が認められるためには、後遺障害証明書という証明書が必要になってきます。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら