交通事故 慰謝料 過失割合

Sponsord Link


交通事故と慰謝料、過失割合について

過失割合とは、過失相殺の理論を実際の事故のレベルに対応させる際の基準になるようなものです。
交通事故でいう過失とは、簡単にいえば事故を引き起こすきっかけとなった不注意のことをいいます
例えば歩行者が歩行者用の道路を歩いているときに自動車との事故に遭ってしまった場合、通常は自動車側の過失割合が100%となります。
しかしながら、歩行者が横断歩道の信号が赤なのにもかかわらず、横断歩道を横断した際に事故に遭ったのならば、歩行者の過失割合は70%になります。
このように事故時の状況によって、当事者の責任の割合を実際に決めていくのが「過失割合」といいます。

 

交通事故の慰謝料と過失割合と過失相殺について

「過失相殺」は、交通事故の際、そのすべての責任が交通事故を起こした加害者にのみ負担させることは公平ではないという観点に立ち、事故が起きた原因を被害者の側にも過失があるのであれば、賠償金の額を減額するなどして公平をはかっていくという考え方です。
法律実務上も交通事故の際の当事者達の過失相殺が明らかになれば、賠償金問題はほぼ決着したと言っても良いかもしれません。
また自動車同士での事故の場合には、双方の損害額を過失割合に応じてそれぞれが負担する形になります。

 

交通の秩序として、車の運転手や歩行者などの交通事故の関与者は、「他の人がきちんと交通ルールを守るであろう」ということを特別な事情がない限り信頼をしてもいいということです。
よって他の関与者が交通秩序を乱すことを予想する必要はないのです。
この結果事故が起こっても、その考えを理由に責任を負うことはないと考えるのです。
それが「信頼の原則」であり、これが過失相殺の理論の根本原理となっているのです。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link