交通事故 慰謝料 納得できない

Sponsord Link


交通事故の慰謝料が納得できないとき

交通事故の慰謝料は、保険会社が自分の会社に損が出ない程度の値段に抑えようとします。
例えばムチウチになったとします。
ムチウチは自覚症状以外、証明するのがレントゲンを使ったりCTスキャンを使ったりしても難しいのです。
そのため、保険会社は3ヶ月の治療期間を過ぎたら、そろそろ示談をしませんかと、お伺いをたててきます。
治療の打ち切りを要求するわけですが、そのような権限は保険会社にはありません。
仮にここで示談をしてしまいますと、納得できない慰謝料となってしまします。

 

自賠責保険の場合は治療期間と実治療期間の2倍を比較して、少ない方に4,200円を掛けて出た答えが、慰謝料となります。
この自賠責保険の慰謝料は120万円までしか支払われません。
しかし、120万円を超えたら、任意保険に切り替わり再び計算をし直されます。
任意保険は保険会社によって値段が異なるようにできています。

 

任意保険での支払額でも満足できない時は、裁判基準というのがあります。
これは最終手段ですが、自賠責保険や任意保険よりも多く金銭がもらえるというメリットもありますが、時間や費用がかかるというデメリットがあります。

 

交通事故の慰謝料が納得できない場合、誰に頼ればいいのか

慰謝料の金額が納得できない時は、保険会社へ対し独力で対応するよりも、弁護士や司法書士へ相談をするのがいいでしょう。
ただし、弁護士も司法書士も交通事故の対応が慣れている人もいますが、多くの場合は慣れていません。
そのため、交通事故に慣れている弁護士や司法書士を探すことからはじめなければいけないということもあります。
保険会社によっては特約で弁護士がつくものもあります。
場合によっては利用してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら