交通事故 慰謝料 破産

Sponsord Link


交通事故と慰謝料、被害者が破産をしてしまったら?

もともと借金を抱えていたのに交通事故に遭ってしまい、仕事ができなくなり、借金で返済めどがたたなくなったという方。
事故に遭い、収入を得るために借金をして首が回らなくなったという方もいるはずです。
そのような場合は、自己破産をしなければなりません。

 

破産の手続きを裁判所に申したてなければいけません。
破産手続きの開始決定が出ますと、その開始決定が出されたときまでの交通事故の被害者が持っている財産は、破産管財人によって管理されます。
そして、債権者への配当に充てられるのです。
一方で、開始決定が出された後に、交通事故の被害者の方が得た財産は、被害者がそのまま持っていていい財産となります。

 

つまり破産手続きの開始以前の慰謝料を手にすることはできず、開始決定後の慰謝料は被害者のものとなります。

 

交通事故の慰謝料、加害者が破産してしまった場合

交通事故の加害者が任意保険に加入していませんと、莫大な慰謝料を自腹で払わなければいけなくなります。
そうしますと、交通事故によって破産をしてします可能性が否定できません。
そのような場合は、慰謝料はどうなってしますのでしょうか。

 

加害者が破産をした場合、破産するまでに負っていた借金、つまり債務は免責されることになります。
そうなってしまいますと、交通事故による損害賠償責務もなくなってしまいます。
つまり、交通事故の加害者側が救済されないことになってきてしまいます。

 

交通事故の加害者にならないことが一番ですが、もし事故を起こしてしまったときのために、保険会社が慰謝料を代わりに負担してくれますので、きちんと任意保険へ加入をしておきましょう。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link