交通事故 慰謝料 支払い

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、いつ支払いになるのか?

交通事故に遭い、通院をしていたがある程度良くなり、通院を打ち切った場合はいつになったら慰謝料は支払われるのか気になってくると思います。
通院を打ち切った月の月末あたりに振り込んでもらえるのが理想的かもしれませんが、実際のところはこのようになります。

 

まず、慰謝料は通院していた病院から「診断書」と「診療報酬明細書」が届かないことには保険会社はお金を支払う計算をすることができません。
だいたいの病院では、診療報酬明細書は月末に締めて翌月の10日以降に保険会社へ郵送をします。
これは病院によって異なってきますので、病院へ問い合わせをするのが一番だと考えられます。

 

そこから保険会社が診断書、診療報酬明細書、休業補償、慰謝料、通院交通費などの資料をもとに保険会社が慰謝料の計算を始めます。
これらの資料から計算されたうえで、示談書が提出され、この示談書に承諾をすると示談成立です。
ここまできますと慰謝料の支払いまで10日前後となります。
保険会社に病院から診断書が行きませんと、保険会社はいつ支払いになるのか正確な答えを出すことができませんので気をつけてください。

 

その為、病院への通院を打ち切ると考えている場合は、きちんと保険会社に伝えておきましょう。
その方が、保険会社としても治療の状況が確認できますので、親切です。

 

交通事故の慰謝料、いつ支払いになるのかわからないとき

交通事故の慰謝料がいつ支払われるのかわからない場合は、相手の保険会社に問い合わせるのが一番です。
インターネットで調べましてもこればかりは、個々の案件で異なってきますので正しい回答を得ることはできないでしょう。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら