交通事故 慰謝料 内訳

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、内訳について

慰謝料とは被害者が事故によって被った精神的苦痛や、後遺障害が残ってしまったことで被り続ける精神的苦痛を、事故がなかった時の気持ちとの差として、金銭で評価したものです。
この事故に遭った際に支払われる慰謝料は示談金の中に含まれています。
示談金の内訳は治療費、入院雑費、通院費、休業損害などがあります。
これらには具体的な計算方法があります。

 

交通事故の慰謝料内訳の計算方法

まず治療費ですが、これは事故により掛かった実費相当額が全額支払われます。
治療費を漏れなく支払ってもらうためには、病院や温泉などの領収書をきちんととっておき、正確に把握しておきましょう。

 

次に入院雑費です。
入院雑費は、入院期間中に日用雑貨品を購入したり、新聞紙や雑誌を購入したり、テレビをみたりする諸雑費がかかってしまします。
しかしこれら雑費をいちいち記録するのは煩雑な作業になってしまいます。
そこで入院雑費として括り、算定します。
入院雑費は裁判所基準ですと1,500円×入院日数。
保険会社基準ですと1,200円×入院日数です。

 

通院費は医療機関に通院するために利用するために要した交通費のことです。
原則として公共交通機関の電車やバスに限られますが、症状によってはタクシー代も含まれます。
自家用車を利用した場合は、ガソリン代(実費相当額)となり、ガソリン代は1kmあたり15円で算定されます。
家から病院までの往復料金×通院日数という計算式を基本的に使用します。

 

最後に休業損害です。
事故前3ヶ月の給料所得額の合計を90で割り、そこに休業日数をかけます。
自賠責では1日の平均給与額が5,700円未満の場合、もしくは19,000円を超える場合には、それぞれ5,700円、19,000円として扱います。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link