交通事故 慰謝料 弁護士基準

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、弁護士基準について

交通事故の慰謝料の種類は「弁護士基準(裁判基準)」「任意保険基準」「自賠責保険基準」の3種類があります。
弁護士基準とは、裁判所の考え方や判例などを参考として東京三弁護士会の 交通事故処理委員会が公表している基準で、多くの裁判所で裁判基準としても運用されているものです。

 

そして、弁護士基準がこの3種類の中で慰謝料の額が一番多く請求することができるようになっています。
しかし、慰謝料を請求する側の過失が0でなければ、この弁護士基準はあまりお勧めすることはできません。
さらに時間とお金がかかるというデメリットも存在します。
大きな自己に遭ったとき以外は、任意保険基準か自賠責保険にしておいた方が、無難かもしれません。

 

保険会社との話し合いで示談を断り、裁判をおこなったら、慰謝料が3倍多くもらえたなどの実例もあります。
保険会社からの提示金に納得がいかない場合、最後の手段として裁判を行うというのが常のようです。
ですが、なかなか弁護士基準の慰謝料は認められることはありません。
多く金額を提示されても取らぬ狸の皮算用となるのが多くなってしまいます。

 

交通事故の慰謝料、弁護士基準の算定基準

日弁連交通事故相談センター本部が発行する、青本と呼ばれる「交通事故損害額算定基準」と日弁連交通事故センター東京支部が発行する、赤い本と呼ばれる「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」に書かれていることが算定基準となるようです。
赤い本は東京地裁の実務に基づき賠償額の基準を示しているので東京で使われることが多く、青本は全国の参考となる裁判例を掲載しているので全国で使われることの多いです。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link