交通事故 慰謝料 裁判基準

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、裁判所基準について

裁判所基準は3種類ある慰謝料の求める方法の1つになっています。
他には「自賠責保険基準」「任意保険基準」などがあります。
自賠責保険基準と任意保険基準よりも慰謝料を多く支払ってもらえる可能性は高いのですが、その分、弁護士を雇ったりしなければなりませんので、手間は凄くかかります。
今では保険の1つに弁護士をサービスでつけるというのもありますので、以前よりは敷居は低くなったようですが、現在でも任意保険基準で満足してします方も多いようです。

 

裁判基準は、過去の判例をもとに、裁判所が妥当と考える損害賠償金を支払わせるというものです。
弁護士をたてないのに、裁判所基準にしてくれと申し出てもそれは認められませんし、裁判を起こすためには被害者に過失がまったくないということが、必要になってきます。
思いつきで裁判を起こしますと、逆に慰謝料が減る可能性があるというのも忘れてはいけません。

 

交通事故の慰謝料、裁判所基準ならどのくらいもらえるのでしょうか?

交通事故に遭い、慰謝料をもらえるのならば、少しでも多くもらいたいと考えるのが普通です。
裁判所基準では、自賠責保険基準や任意保険基準よりも多くもらえるといっても、天井知らずということではありません。
基本的には赤い本(民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準)という(財)日弁連交通事故相談センター東京支部が作成している本を参考に慰謝料の請求額を決めていきます。
赤い本は東京地裁の判例をもとに作られています。
他にも青本(交通事故損害額算定基準)という(財)日弁連交通事故相談センターが作成している本も参考に請求額を決めていくのもいいかもしれません。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら

Sponsord Link