交通事故 慰謝料 任意保険基準

Sponsord Link


交通事故の慰謝料、任意保険基準について

交通事故の慰謝料は「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判・弁護士基準」の3種類に分かれています。
任意保険基準は実情をみるかぎり、自賠責基準と裁判・弁護士基準の中間値をとるか、 どちらかといえば自賠責基準寄りの慰謝料をとること多くなっています。

 

任意保険基準は、任意保険会社の任意保険の約款には、法律上の損害賠償金を支払うという風に記載されています。
このことから、任意保険基準は本来、裁判・弁護士基準と同様にならなければいけません。
しかし実際は自賠責基準を参考にして独自に判断をしており、その独自の基準で支払いがなされています。
そのため、裁判・弁護士基準と任意保険基準の基準を比較しますと、任意保険基準はかなり低く設定されていることがわかります。
各任意保険会社が横並びに一定の基準で査定することは独占禁止法に抵触しますので、任意保険基準は保険会社によって異なってくるのです。

 

交通事故の慰謝料、任意保険基準はどのくらいもらえるのか?

任意保険は前述のとおり、各任意保険会社が横並びに一定の基準で査定するわけではありませんので、保険会社によって支払ってもらえる金額が異なってきます。
詳しくは任意保険会社に問い合わせをするようにしましょう。

 

また、自分が事故を起こしてしまった際は自賠責保険で払いきれないという際に任意保険に入っていますと保険会社が代わりに払ってくれます。
しかし、任意保険に入っていませんと自分で支払わなければいけなくなりますので、払いきれなくなってしまう可能性が否定できません。
そのため、車やバイクを運転するのであれば、きちんと任意保険に加入することをお勧めいたします。

 

 

 

交通事故の被害者を救う弁護士相談はこちら